【風花雪月無双③】青燐の章クリア感想

風花雪月無双青燐ザラス

2周目は青燐ルート。

引き継ぎで快適に進軍。青獅子学級箱推しにオススメ。知りたかった情報がたくさん出てきた。

今作:風花雪月無双 本編:風花雪月 前作:FE無双」という名称に統一。
ベレトが仲間になる分岐ルートの追記部分は青表示
※黄燎ルートをプレイ済み

青燐ルート

前哨基地の音楽がルートによって違う。2部に入るとさらにアレンジされる。

設定資料のごとく新規情報が出てくる。お父さん世代が大集合してる。

黄燎が「あ………」って感じだったので構えてたら、青燐は無難に終わってよかった。ダスカーの首謀者をディミトリが知れたので、ファンディスクとして満足。

以後のファーガスではダスカーの悲劇じゃなくて、「西部諸侯の内乱」か「フェルディア事変」みたいに名称を変えてやれ。ダスカーの名を出すな。

国王が殺されたことに対して、「悲劇」なんて結果に帰着した言葉で矮小化するな(ということを本編から思っていたし、ウゴが主犯をごまかすためにそうしたのもわかる)

キャラ評

このクラス槍の遺産が多め。追加のロドリグ殿も槍!このルートだけで仲間になるセテスも槍! ふたりとも格闘をやって!

金鹿のおもしろ固有スキルに比べるとそんなにみんな特徴がない。戦場におもしろスキルを求めるな。アッシュの固有スキル効果がなんだかわからない。

シェズ

男性魔道、格闘がいないクラスなのでシェズ男。

剣はフェリクスに任せて、斧殺しスキルつけた上でダークメイジやったり、格闘やったりした。

レベルが高いのでメインクエ以外は控えにいた。メインは絶対に○枠。

ディミトリの私兵団長になる。2年間放置されたりしないの? 給料出るの?手厚い福利厚生。

このルートもキャラと適度な距離を保っていて、従来のFEにいる王族に雇われた腕利きの傭兵ポジションに収まってる。とても好ましい。

ミュソン、コルネリアなど、闇ウゴの魔道士たちと何回も対峙する割には、青でも何もわからなかった。わざわざ戦闘会話のためにぶつけたのに何も得られない。

……もしかして出生に関して放置なのでは? いや、主人公の出生だけは本編でわかるようにしてくれるはず(まだ赤が残ってるし!)

詳細をDLC丸投げにするの勘弁な。

ディミトリ

風花雪月無双青燐

笛のお返しに生母の形見を渡してくる。非常に重い。

槍歩兵の専用職がそんな強くない。アクションが上に飛んでしまう。君が上がるんじゃなくて、敵を打ち上げて浮かせてほしい。

アリルの地形ダメージ無効のため、ホーリーナイトになった。馬に乗ってれば飛ばない。

お習字で好きな文字書かせたら「贖罪」「復讐」って書いてきそう。

蒼月からのテーマなんだろうけど、青燐でも復讐って言葉を頻繁に使う。「復讐という名の正義」ってわざわざ言い換えてくるところもある。復讐を正義でコーティングはできない。

行軍のスローガンが「復讐」 復讐以外でもっと的確な言葉があったよな。コエテクならもっと合致する描写できるって。

やってることは「亡き人に酬いる」であり、真実を明らかにして決着をつけるだったと思う。報いるではなく、感謝の意味合いの「酬いる」

ザラスの闇で自分に対して「最も殺したい相手」と思えるとこが、潔癖さを際立たせててよかったな。紋章持ち王族なのに自己評価が低い。

遠乗り気分って出ると、「最近疲れてんのかな」と察して連れてってしまう。

ファーガス王国と青獅子メンバーとしては無双のほうがいい方向にいってるけど、ディミトリ個人の救いとしては本編の方がいいのでは?

本人も「国民の幸せが俺の幸せ」ってスタンスだから無双でも十分満足なのかな。失うものは本編より明らかに少ないし。本編と違って緩やかに滅んでいきそうなファーガス王家。

本編の遺産と紋章に関して「誰もが正しく、誰もが間違ってる。譲り合えばいい」ってセリフが好きなので、その考えが変わってなくてよかった。

平民を起用したり、紋章がないマイクランを取り立てたり、改革しようと言う志がうかがえる。他の級長二人は急進的にモノを進めるけど、ディミトリは自分の代ではなく徐々に変えようとしてる(多分2.3世代後ぐらいで政教分離できそう)

エンディング後、どこかの西諸侯のモブ娘と結婚しそう。それで西諸侯の溜飲を下げれたら、国をまとめていけそう。文官も採用してお友達人事に西も入れよ。

正当な血筋を残すことを強く国民から求められてるので、本編紅ルートでもう結婚して紋章持ち息子がいそうだなって思った。村娘や傭兵のシェズと絶対に恋に落ちたりしないだろうな。

ドゥドゥー

本編と同じく斧のフォートレス→グレートナイト。本編じゃ馬にはのせなかったな。

政治的に支えるのがフェリクスで、精神面で支えるのがドゥドゥーになった印象。ディミトリの中にドゥドゥーだけが介在できるエリアがあって欲しい。

ドゥディミ支援Aが味わい深い。もうおいしい。食べたかったものが出てきた。本編金鹿のディミトリ亡き後ずっと意思を継いでるのをみると、覚悟は決まってたんだね。

勝手に1枚絵が来るんだと思って期待したけどなかったな。青であるならここだと思ったのにな。

支援会話1枚絵はクロロレだけで、ほかはない? 級長と誰かである?

フェリクス

訓練所でダークメイジにしてトロン覚えたら、その後はずっとエピタフ。

早くてすぐ敵を見失う。敵を通り過ぎて誰もいないところで兵種アクション取ってる。私のアクションスキルのなさ。

風花雪月無双青燐

復讐をシェアする青学級

早い段階で公爵家をついで当主になる。ディミトリに政治的に意見を言えるところが本編とは違う。ディに対して敬語も使うよ。

モブ曰く「昔は国を飛び出していきそうだった」 本編だとすぐ引き抜いて敵対させてしまってったから申し訳ない。

本編の落とし物「黒鉄の拍車」がグレンの形見であることが判明。そんな大事なものを落とすな。イングリットにわたす支援会話が良い。

シルヴァン

シルヴァンを斧でもいけるようにしていた。フライクーゲルを振り回すシルヴァン。飛行特攻無効スキルをおぼえるので、最終的にドラゴンマスターになっていた。

おそらくこのゲームは、お父さんと同じ兵種にすると天賦の才能になるパターンじゃないのかな? ゴーティエ辺境伯の武器は斧だったし(ベレトがジェラルトと同じホーリーナイトで天賦だったパターン)サブイベスキップすると兵種経験値足りないな。

強制的に大人にならざるを得なかったので、思春期特有の甘えと闇が消えた。そこがシルヴァンの吸引力だったのに!

女好きキャラというより、社交で声をかけてる印象。本編の女性に対する嫌悪の裏返しではない。このシルヴァン、紋章持ってるキャラに嫉妬殺したりしない。

ユーリスとの支援は同人誌でありそう。2次創作と混同してしまう。メーチェとの支援もよかった。支援Bであの会話なのがいいね。

マイクランと腹違いの兄弟。シルヴァンはたぶんお母さん似。

イグナーツとの支援が良かった。EXPOのドラマ脚本(もう公開終了してる)にあった芸術に明るい設定を拾ってくれてありがと!

アッシュ

最初のMAPで強制出撃枠。ディミトリレベル1桁なのに最上級レベル55で参戦。もうすでにボウナイト+パルテアでつねにMVPだった。

天賦の才能はロナート様と同じ職だったりする?

風花雪月無双青燐アッシュ支援会話

騎士としての忠義よりも命を優先。このディミトリの言葉が、他ルートのアッシュを雲在らせることになる。

引き抜きアッシュは田村由美の漫画にいそうなキャラ造詣。

メルセデス

グレモリィ一択。他に適職あるのかな。

そんなに強くできなくて、◇枠のリブローと副官要員になっていた。途中、役割がかぶりつつ、使い勝手が良いマリアンヌが加入してしまうの痛い。

アネットのエクスカリバーを伝授できないか頑張って粘っていた。伝授の確率どれくらいなんだろう。

個人スキルがもう防衛よりで性格出てる。

演技が違うのは本編と異なることを主張するため?

アネット

グレモリィにしつつ、◇枠のために最終的に踊り子。斧メインで魔法使える職ください。

新曲が披露される。シルヴァンとのクマ歌詞と、フェリクスとの支援会話がつながっていた。というかシルアネの支援を見ないと、フェリアネ支援が鍵かかって見れない。

武器節約を覚えない。いいところのお嬢さんだと思ってたので解釈の一致。

打ち砕くものに対して「かわいい武器」だと思っていた。………かわいいか? 遺産の中で一番奇怪千万な形状してるのに。

イングリット

武器節約を覚えたあとファルコンナイト一択。騎士団で調整して魔法にも強くしといた。

攻撃の後、ペガサスを気遣うところがらしくていい。ペガサスナイトはこうでなきゃ。ペガサスもイングリットを危険なところに行かせたくなくて、ぐずるのかわいいね(マリアンヌ支援)

グレンから短剣を送られていた。ファーガスのプレゼント事情が騎士の国って感じ。一番喜ぶのは美味しい食料だよ。

支援会話のかてものは蕎麦かなんかと思ったけど、ガラテアが山岳地帯っぽいからイモ類でもいけるかもしれない。ダグザの気候の予想ができてない。煮ても焼いても~だから、救荒食物のなにか。

兄2人で大事にされていた。お祖母様の話も出てくる。ガラテア家のこともっと知りたい。

プロフの「嫌いなもの:ダスカー人」が消えててよかった。ほんと良かった。はっきり文字で書かれるのちょっと怖かったので……。

ロドリグ

このなりで魔法が得意。魔防も高い。その魔防を活かして格闘やろ。

FEHの投票で一票投じるぐらいにはロドリグがすきなので、プレイアブルで嬉しい。NPCじゃないので操作して遠乗りできる。

けっこうべらべら過去のことを喋る。ランベール、ロドリグ、マティアスとの過去を楽しそうに話す。雪合戦のはなしとかね。お父さん世代の士官学校時代のDLCを出してくれてもいいよ。

今作ではディミトリの復讐に便乗する。ちゃんとトップに立ってるディミトリの場合は、復讐を否定しない。

「フェリクスは私に似て男前でしょう!」って言ってくる。

無双ロドリグ分岐

分岐だと本編同様にロスト枠。プレイアブルだから油断してた。

シナリオの感想

無双は本編とは逆の展開になるのかな? 本編はどん底から上がってく話だったけど、そんな上げ下げがない。シナリオが順調に進む。

イエリッツァ先生のお話をちゃんと聞く青獅子。ツァ先生もやりやすかろう。

引き継ぎはチュートリアルとばして、学級選択からできると良かった。男女選択あるから駄目だろうけど。

流石に青ルートなら雪MAPあるだろと思ったら、ないよ。「寒い」とはセリフで言うが、ゲーム上の季節感はあまり出さない。初夏~秋の出来事かもしれないし(守護の節ってでてきたから1月の冬)

EP3~4「急変の王都」「戦乱の幕開け」

風花雪月無双青燐ディミトリ

こんな序盤からクライマックスに物事が進む。他のゲーム会社ならリュファスを戮するのはラスト近辺だぞ!

リュファス伯父はもっとダメダメな人かと思ってた。ディミ父と国民がどう接してたのかわからないけど、紋章の有無で劣弱意識がだんだん強くなっちゃったんだろうな。紋章無しで上に立てるホルスト(レスターの気質)が異例なだけ。

リュファスの兵種はプランス。アジア圏名称かと思いきやフランス語。

「親王」みたいな意味かな。空位みたいに言ってたから王ではないんだな。「執権」かと思った。ほら、ディミトリが政庁とかいうから………。

風花雪月無双青燐

主に帝国に近い地方が、教会を受け入れることに反対意見もある。「北の方は地理的に遠いからいいでしょうけど」に集約されてた。

金鹿のグロスタールとコーデリアな立場。地政学のランドパワー(陸地の顕在能力)大事。

本編もそうだったけど、戦記物だから地政情報が重要だよね。FEで地図が重視されるの久々。

フェルディアの位置もそうだし、ゴーティエ、フラルダリウス、ガラテアの幼なじみ組も北。ディミトリも北側の視点で話すもんな。

北側(幼なじみの家)と、帝国に近い西側(ドミニク家ローベ家)で立場が違う。西諸侯たちは子爵と男爵で爵位低めだし、ドミニク家以外に英雄の遺産がないところも関係してそう。

ローベは伯爵だったから、王国で公爵はフラルダリウスだけなのかな。王族の遠縁のイヴァン公もいたか。

ディミトリは身内贔屓で自分の親しい者を重用するので、西側貴族/教会が不満をつのらせていく過程が見えた。フェルディア周辺のことが主体で、あまり西側のことを考えてはいない。

お家の関係でアネットが離脱。そういうところで家の力関係わかる。

アリルMAP。イングリット飛行になって。シルヴァンもドラゴンナイトになって!

レア様の護衛+進軍路を確保+殿を務めるツィリルを救援。きっと自ら志願したんだなぁ。黄燎を経由してるので、レアとツィリルの会話にこみ上げるものがある。

ツィリルは得物が弓じゃないなら、その背中の矢筒なんなの? 新グラと衣装用意してくださいよ………(それかそのまま弓兵として出して)

拠点にNPCとしても不在とは思わなかった。そうなんだ、プレイアブルになるわけじゃないんだ。そうなんだ。そう………。

セテスはアッサルの槍とドラゴンマスターの職種があってない。そこは槍飛行専用職あっても良かったよ。仲間になったらソシアルになってる。

マイクランの起用は、ディミトリの「今後は遺産と紋章に頼らないように、紋章がないものも取り立ててく」という改革。リュファス叔父と立場が似てるからかな。

「過去を悔い改める機会を与える」のは、本編で帝国将も自国兵士もかまわず惨殺してた、病み期反省がシナリオにでてていい。蒼月ディミトリの良くなかった点の改善。

イングリットのあからさまな嫌悪。これが2部あたりで不穏な何かになるのかな。お友達人事の任命責任を問われてほしい。(そんなことはなかった)

EP5~6「霧の中の応酬」「陰謀の気配」

自軍ルートなのにアッシュに厳し目な展開。これは本編も序盤から厳しかったな………。

ローナトはもともと教会に思うことあるから、蜂起は納得。

アッシュだけレベルが高いので、ロナートとの戦闘会話が終わらないうちに倒してしまう。ぐったりした状態で会話は続く。会話があるボスはもう少し粘ってほしい(引き継ぎしてるからだよ)

2周目なのでベレトと死神騎士は余裕で倒せてしまう。倒しても再起してHP全快で何度も倒せる。挑むたびディミトリに「今は交戦するときじゃない!」って注意される。調子に乗って挑んでたので執拗に言われた。

メインミッションで「ベレトを撃破せよ」って表示されてから、倒さなきゃ駄目。

「ジェラルト傭兵団を味方につけれれば~」という申し訳無さそうに提案するディミトリに「かまわない」ってさらっというシェズ。ディミトリの復讐心に寄り添えないズレがある。シェズの「傭兵ってそういうもんだし」に驚くディミトリ。

ちゃんと事前に話通すんだな。マイクランのこともシルヴァンに話し通してたし、アッシュにも戦場に立つかどうかの意思を確認してた。

マイクランが登場したときてっきり敵増援が来たと思って、攻撃指示出そうとしたら護衛になって……「あっ、兄上は仲間!」

戦闘のお話よく聞いてられないので勘違いあるある。会話が始まったら奥義を出して会話中断してはいけない。

剣相手に斧で頑張ろうとするな。槍のシルヴァンを護衛に付けた。

EP7~8「王の目覚め」「血染めの槍」

ディミ、ドゥ、ロドが一旦離脱。

貴重な斧要員であるドゥーちゃん師匠が離脱してしまい、シルヴァンにヒルダんちの遺産を振り回してもらう。ゴーディエ遺産はいつもらえるの?

コルネリア魔道士だからシェズが格闘を担当する。青は対魔道士の場面が多い。

ディミトリの代わりに色々請け負うフェリクス。ディミトリの気苦労を理解する。

スレンとフレンって発音似てるよね。

鉄砲という言葉を風魔法に言い換えて、世界観の最適化を行うコエテクライター。またifのライター部署に追い打ちをかける。本編から人の心が無いコエテクシナリオ部署。

ゲライント/イーニッド/ベリナス/プライデリ/ギディオン/デュバル/マテウス/エリデュア新規領地名。その他ではなく細かく地名が出てくる。見栄えのいいカタカナ名称リスト化されてそう。

レスターはリア王やシェークスピアなのはわかるけど、王国はなんかあったっけ? アーサー王? オグマ山脈とか変に過去作の人物名使うより、完全新規の名称がいい。

ヴィスカム制御装置が割と遠いところにある。それの動力源なんなの? ファーガスの電力需給元が気になる。

MAPが広いのでシェズのワープにたよる。洋語禁止な風花雪月では、ワープではなく無間の瞬動。転移ではない瞬動。おそらくウゴの蠢動ともかかってる。

出撃○枠が3人…………これは黄色のホルスト兄さんみたいにディミトリが後々操作可能になるなと予想できたので、「じゃぁ、槍は◇枠にしよう!」としたら苦戦した。騎士団で調整しよう。

アラドヴァルのそんなしまい方ある? 伝説の武器を封印するにしても雑。

無双 王の目覚め

傅くドゥドゥーとディミトリのムービー。主従に燃料どぱどぱ注がれて満足。ディミトリのことを一番良く知ってるのは、他でもなくドゥドゥーであってほしい。

ディミトリの手を携え、武器を握らせるドゥドゥー。このムービー、情報量多い。一旦ディミトリがためらうのも素晴らしいな。

フェルディアはロンデル窓(丸枠付いてるやつ) ディミトリがとっ捕まってるところが防犯的に(脱出されないように)こうなってるのではなく、ファーガスの建物は全部ロンデル窓だった。

黄、赤の会話シーンの窓は格子フロートガラス。国によって建築の違いありそう。

【追記・アンヴァル宮城もロンデル窓だった! 赤のステンドグラスがある帝国、経済↑(ガラスを赤にするには金が必要)】

コルネリアがワープで逃げるのと、シェズが戦闘でワープできるのも繋がってる。シェズがアイツらと同じなのかもっていうんだから、ディミトリはワープ対策すべきだよ。

ドミニク男爵は本編でちょっとしか出番が無いのに、だいぶ好人物だった。吟遊詩人志望の紋章持ち息子がいるところもいい。自由なドミニク家。

皇帝直属軍は今作ではシュヴァルツァアドラーヴェーアっていわないの?

コルネリアは死亡だけど、その死体は通常通り朽ち果ててくのかな? アガルタ謎技術でぱっと消えたりしない? パトリシアの遺体がなかったのはそのせいじゃないの?

EP9「再会の城塞」

風花雪月無双青燐ユーリス

拠点でも、モブにローベ伯の性癖を暴露される。ユーリスチャン、美少年の色香って言われてるヨ。

フェルディナントはレスターで3回撤退するから、帝国でこれを「失態」と言われるのもしかたがない。

シャミアのことを話すためにツィリルが拠点にいた。じょうろを渡すことができない………。ツィリルはいるときといない時がある。

ドロテアが一人で病んでいて、際どい発言してくる。このセリフは帝国の諜者を疑われてしまわないか? もう少しベルやペトラのメンタルを見習った方がいい。ドロテアは将をやらずに、ただの一般人か歌姫に戻っていいよ。

長丁場なので、序盤に戦技使わないで温存しておきたい。遺産持ちが多いので開放するためのダークミスリルが足りない。全員武器節約覚えて。カブのシチュー食べて。

マイクランは助けられない。さっきまでHP満タンだったのにな。 そのあとのゴーティエ辺境伯のコメントもあっさり。

リンハルト父ヘヴリング伯は銀行の偉い人にいそうな風貌。人目でわかる財務の人。

ヒューベルトも来るだろと思ったらこない。そうだレスターの方に行ってるって最初に話してたね。勝手にエデヒュフェルの3人はセットで考えてた。

ディミエデボーナスシーンが多く、スクショが滾る。紋章石で覇骸にされてしまった。自分の意志で覇骸になった本編とは違う(そして戻れる)

青燐は1部で帝国と決着をつけて、2部はダスカーの悲劇と闇ウゴ掘り下げるのかな!と思ったらそんなことはなかった。

一部終了。

EP10~11「狂信の徒」「逆襲の進撃」

風花雪月無双青燐のレスター同盟

カラフルな助っ人

金鹿メンバーが引き継ぎ高レベルで4人仲間になる。こんな大量に? 説得じゃなくてノーコストで4人も? 後衛にしたらなにか変わるのかな。

金鹿キャラ同士の支援会話にも、青ルート差分があった。引き抜きキャラでルート差分結構あるのかな。

王国はメシマズ。

「親睦深めとけよ」ってディミに言われ、ここで鍵支援がいくつか開放される。

様子がおかしい帝国。ヒューベルトとフェルディナントの姿が見えないけど、どうしちゃったの? ヒューくんはエーデルガルトの横に常にいてほしいし、フェルくんは父親を諌めろ。

サブクエスキップしてるから、もしかしたら道中で敵将として出てきたのかも。

EP12~14「女神の悪戯」「決戦の煉獄」「皇帝の行方」

親父殿とランドルフが、死亡フラグを立ててはためかせていく。ランドルフは風花雪月無双の時報。惨劇の合図。

作戦で指示が出たり分岐の条件が丁寧。ちゃんと進軍ルートも矢印で示される。最初、◇枠が勝手に進軍してしまいやり直した。おまかせで「待機」にしとかなきゃ駄目。

撃破数がいつも足りないので、ついつい制圧に向かっちゃうんだよね。人の話を聞け。

風花雪月無双青燐

自分たちが侵略側であることをことさら強調され、「なぜ青ルートはこんなにも守られているのか……」という気持ちになる。黄燎のあのピクニック侵略にされた適当さが感じられない。

拠点でフラグを立ててたので、犠牲になるのはまたロドリグなんだろう。ロドリグは、プレイアブルなのにロストなのもエグい。支援Aが鍵かかってて、笛渡せないから察しが良いとバレちゃう。

先生が仲間にならないシナリオもそれはそれで好きだな。フラルダリウス家ボーナスファンディスク、風花雪月無双。

風花雪月無双青燐グレンの手紙

このタイミングでグレンの手紙が拾える。名前見るに青はやっぱりアーサー王なの?

カスパル父ベルグリース伯が詩人で、武芸だけではない印象を受ける。カスパルはどのルートでも引き抜けないのか。

ドロテアがこんな事言うってことは、二人はもう……

あの状態のエーデルガルトを助けられてないのに、生き延びてるヒューベルトも考えにくい。ああなる前になにか対処してるはず。

EP15~16「復讐の刻」「深淵の中で」

どのルートも分岐部分は、級長の会話が異なるだけでこの2つは同じ流れ。シェズとラルヴァの関係は、他のルートでわかるんじゃないんだ……。

ディミ+エデに公式が優しい。ありがたく受けます。敵対会話ぐらいはあるといいな~って思ってたらこんなボーナス。公式の推しと同じで良かった。もう、自分に都合のいい解釈で受け取っちゃう(といっても、カプで推してるわけではない)

いや、都合のいいザラスの闇空間の出来事。ここでの出来事はエーデルガルトは忘れてしまうんだろうけど。なんで都合よく戻るんだろうな。

ディミエでのこれでもかという怒涛の高待遇に、黄燎ルートのことをチャラにできそう。……ホントに?

前作のFE無双で「特定のキャラクター同士の会話がないから☆1」的な感想を見かけたし、お気に入りの会話があったので☆5の評価もありだな。キャラ重視なら。って思ったけど、本編の設定資料集的な意味合いを今作に求めているのでやっぱりチャラにはならない。

ここでエルって言った。

結局、義理母のことはわからずじまい。魔獣化されてアイムールの材料か紋章の触媒に燃やされてそう。薪とか言われてたし。

EPFinal「悲劇の終幕」

無双ディミトリ

復讐じゃなくてもっと違う言葉を使って鼓舞して………。国単位で復讐をスローガンにしないで。

復讐という言葉で兵を動かさない。「秩序の維持」とかそういう言葉で演説しよ。コエテクライターの文才をここで発揮して。感情と言葉があってないときある。

復讐連呼してるくせに、「ディミトリが誰かの復讐の対象になる」逆のことを誰も懸念してない。復讐で民衆を動かしたということは、モブに討たれるよ(それは本編金鹿のディミがそう)

ユーリスが父親と対峙するベルを心配したので、これは戦闘会話があるな。ユーリスはいつも教えてくれてありがと。

クロードは助けに来てくれないと思ってた。「ん~レアさん死んだ頃合いで王国軍に合流しよ」って言ってそう(黄燎クロードへの誤解)

ドラゴン騎乗で固有衣装のヒルダを見て………? なんで? 何故それを自軍ルートで見れないのか。

風花雪月無双青燐エンディング

エーデルガルトちゃん、兵種:おひめさま。よすがに身を預けて震えるフレスベルグの少女。ただの担がれただけ。

強い意志で立ちはだかる敵がいて、話が面白くなるわけよ。なんで戦場にいるかわかってない敵をこっちのほうが強い状態で倒しても何もないわけ。

ディミトリがトドメも刺さず、本編のように手も差し出さず……。戦意喪失したエーデルガルトに興味無くなってる。倒すべき皇帝ではなくただの少女。

眼の前にいるのはファーガス王のディミトリであって、初恋の相手であるディーじゃないからな。お姫さま気取っても、助けてくれないよ。

短剣投げ返したエーデルガルトを討つ、あのどこまでいってもお互いを理解できない敵対関係が好きだったなぁ。ディミエデは本編の関係が好きだな。

戦う意志のない人を手にかけないディミトリの気高さがでてた。もう拒絶の意味の「諦め」かもしれん。リュファスを自分の手で公開処刑したことを後悔してるから、義理姉は殺したくない気持ちもわかる。


「かわいそうなので無罪!」な展開は興ざめ。

「誰が戦争を始めたなんてどうでもいい」って黄燎クロードは言ってたけど、これは青ルートなのでな。責任問題があるから。

この後ディミトリが処断ではなく、教団がエーデルガルトの扱いを担う方がいい。王国がエーデルガルトの処遇を決めると後々面倒になる。一番の被害者はセイロス教会なので、レア様に対応を任せよう。今生救無だよ。

そしてクロードに「戦意喪失した者を無慈悲に処刑する、そんなセイロス教を赦していいのか!」って理不尽な敵意で攻められよう。無双クロードならやるよ(クロードへの誤解と確信)

世間も「全部エーギル公のせい」ってなって、責任取るのはエーデルガルトじゃなくなるのかも。そんな……、戦争を始めたのは彼女だよ。そこは変わらないよ。

帝国の後継者なので身柄拘束で、帝国と交渉→同盟領と接してるベルグリーズ+フリュムあたりを王国が管理、ってことなら上手くいきそう。

そして、その領地をグロスタール所轄でクロードに根こそぎ取られると思う。「今回同盟も手伝ったんだから、ここもらっていいよな(穀倉地帯ゲット、レスターの国力up)」って無双クロードなら言いそう。何するか手にとるようにわかって怖いな(金鹿の担任なのでヤツのことは理解してるという顔)

先代王のように醜聞だと自覚して義理の姉を、遠い僻地で記憶が戻るまで手厚く保護するのも有り。真相を知るためって名目で生かしておける。ザラスを経由してなければ義理母のことは知らないし。戦記物の話としてかなりつまんないけど(開戦の責任を取らせないので)、キャラゲー的には有りだよ。

悪いことしたキャラが必ずしも罰を受ける必要はないから……。償えばいいってマイクラン起用で魅せた箇所だしね。……ね? そう、そういうね……。

公式では詳しく描かない投げっぱなしなのも、好き勝手想像できていいね。インタで「実はあのあとこうなる予定だったんです」って話してこなくていいからね。

風花雪月無双青燐エンディング

レア様、横にいるその男に気をつけて

外伝

無双 ギュスタヴおじさま

おじさま この外伝、難しかった

青だけで仲間になるキャラが多いのでたくさん発生する。外伝が渋滞した。

黄燎じゃなくともイグラファロレ外伝が発生するんだ。青でこの外伝が発生すると「親同士のことは子供に関係ない」ってセリフが、「パトリシア(親)がやったことはエーデルガルト(子)は関係ないよ」というフォローに見えちゃう。

北の果てより襲い来るもの

「雪が積もってない方がかえって寒い」という雪国あるある。対流温度と地表温度の差。

スレンは陸続きだけど全く言葉が通じないくらい違う。交流がなければそんなもんか。人の移動がなかったのかな。

モブ顔ではなく、もっとスレンらしい出で立ちが用意されてたらな……。フォドラとは異なる服装をスレンにも期待していた。寒いところの半島ってなるとサーミ族っぽい何かを期待しちゃうわけよ。

本人の前で前妻がどんな人だったかみんなで会話する(しかも戦闘中に)本人に聞け! 本人からのコメント聴きたい。

モブが話してくれるけど、マイクランのあとに生まれてこなかった子がいて(身ごもったままスレン襲撃でなくなったっていうので)ホントは3人きょうだいだったってこと?

スレンけしかけたの帝国かコルネリアの残党って話だったけど、クロードだよ。

未来を繋ぐ花々

ドゥドゥー、イングリット、フェリクスの外伝。この外伝と会話は本編に欲しかったよ。

当事者がちゃんと解決に向かって一緒に戦えてよかった。操作キャラもこの4人だけだしね。知らん人にトドメみたいな展開にならない。

FEによく出でてくる寒い地方に咲く白いお花。本編の先生+ドゥドゥー支援会話にも出てきたね。多分カミツレとかそんなやつかな。

 所感

一応一旦は終わる話で良かった。ダスカーの悲劇の真実が概ね分かるので、ドゥ、イン、フェリ(外伝のメンバー)には本編より良い傾向かもしれない。

本編の単独エンドがキャラにとってのベストな結末だと思っているので、無双でもそれに近づけそうなキャラが多い。

「本編の先生との絆を否定しないように気をつけた」って言ってたけど……?先生が必要かって言われたら……、別に必要条件ではなく、十分条件。いなくとも各人で解決していける。

だからといって、はっきりいらないとも言えない(歯切れ悪)「 Q が成り立つためには P が成り立てば十分」みたいなそんなところが青燎にはある。

ディミトリの復讐を否定するのが本編先生だけかと思いきや、シェズも復讐を否定する役割なので、そこはどうだったんだろうな。そこら辺を詰めてたら、「ベレトは先生でなくとも平気なのでは?(先生として必要かどうかが条件P)」という印象にはならなかった。


青燐は会話シーンが長い。ムダに長い。セリフを最後まで聞いてられなくて、文字送りしてしまった。

1ウインドウ/80文字/平均8秒だとしたら、青燐は12~3秒ぐらいかかってる。難しい漢字を多用するので、文字数に対して音数が多い。必然的に長くなるのはしょうがない(これは本編の蒼月では感じなかったので、方針が違うのかな?)

描写が不足してた黄燎ルートを経由してると余計感じる。本編はそんなことなかったのにね。

新規情報をできるだけたくさんセリフに織り込むために冗長。喋りすぎ(ファンディスクなのでキャラがいっぱい喋った方がいいんだよ!)

風花雪月無双青燐

コルネリアの言うことも「敵の言ったことを全部信じるわけではないが」「妄言だろうが」的なことを前置きしながら話してて(なんとこれは作中4回ほどいう!)、二重三重に同様のことを言ってくるセリフが野暮ったい。

何人かで同じことを繰り返して言う場面もある。

  • 「これは〇〇しよう(提案)」
  • →「〇〇か……それはこういうことだな(理解を促す反芻)」
  • →「では〇〇ということで行きましょう(確認)」
  • →「〇〇ってことでいいか(最終確認)」

4段階で説明してくるので、掛け合いがくどい。最終確認で平易な言葉に言い換えて、ライターの語彙力を見せつけてこなくてもいいよ、わかるよ。

ディミトリの行動を、いちいち仲間がセリフでフォローする。「それはこういう意図があって、ディミトリはこうしたんだよ(だからユーザーはこのキャラを誤解しないでね)」的なのをわざわざセリフで説明する。作中の人物への説明じゃなく、ユーザーへの説明。

わかり易い例は、クロードが「ディミトリは中央協会と手を切りたいと思ってる」ってセリフ。本人がいないところで他のキャラが行動原理を説明する。そういうのが多い。

そんなことわかるって!行間ぐらい読めますって!ってのが多かった。もう少しユーザーの理解度を信用してほしい。本編はこっちを信じてくれたハイコンテクストだっただろ? どうしたんだよ。

掛け合いの多用を丁寧に感じる人もいれば、ライターの融通がきかないように感じる人もいる。本編より手慣れてない印象(ライターは本編と同じって話じゃなかった?)誤解する自由もエンタメの醍醐味だろ?

青燐のセリフが全体的に長いのは、キャラを誤解しないように気を使われすぎてるせい。誤解されてファンがフォローする言動が発生しない(黄燎はキャラが誤解されるような描かれ方だったといのに!あんなに雑だったのに!)ユーザーの目から見て誤解されかねない状況にならない。青獅子キャラの好感度は下がらない。

(……………金鹿キャラがどんな印象になるか考えてあのテキスト描いたなって………あ、また悲しい気持ちになってきてる………弔えてない。黄燎ルートをまだ弔えてない)

文字数の多い+難しい言葉が多用されてる作品は、ユーザーに達成感を与えてくれる。そういう狙いがあるのかもしれない。本編で使わなかった単語もたくさん出てくる。書言故事でしか見ないよってやつ。(そういや天帝も書言故事にでてくるね)

「語彙の幅が多い=様々な年代や習慣の人と接してる」という演出なのかもな。王族貴族の社交。立場による語彙の変化重要。平民たちが多かった金鹿とはややセリフが異なる。

「平民は読み書きできる人が少ない」ってアッシュとの支援会話で聞かされたあと、平民孤児設定のシェズに対して「漢字7割ひらがな3割」で話してくるディミ。ただの傭兵なのに……。「王族に仕えるには教養も必要ですよ」というイングリットの釘がささる。

和語(訓読み)よりは漢語(音読み)を使う傾向がある。特にディミトリは音訓をひらかない。閉じれるなら全部閉じようとしてる。漢字の閉じ開きはキャラごとにライティング統一ルールありそう。いかに閉じれるか試してそうだな。

逆にクロードは訓で使いがちだったな。存亡の秋(とき)とか。でも存亡の秋はもっと窮地に追い詰められた後半に使って! 今その言葉ではない。状況があってない。

その表現を「難しい」とは感じないユーザー層として想定してるのは本編から感じてた。今回はその難解の言葉と使用された状況があってなくて、ただ画数の多く耳慣れない言葉を使いたかっただけでは? な場面がちらほら……。

分かりにくいセリフにして、シナリオの粗をごまかし煙に巻こうとしていないか? 大したことしてないけど、なんか難しい作戦っぽく見える作戦名!不思議!それをセリフでやらんでもいい。

そういや指南の操作説明文も長いよ。説明は速さで決まるので、チュートリアル部分には躊躇させない工夫が欲しい。「インタラクトします」ってなんだよ、ちゃんとどうなるか書け!  しかもここでしか使わないギミックなら直接の効果をそのまま書け!


次は赤。強く凛々しい「エーデルガルト様、兵種:皇帝」を望む。覇道による他国攻略を帝国に求めてる。

3周目は黒鷲。級長の性別に合わせたいのでシェズ子+ベレス。赤焔の章と3ルート合わせた総括の感想。
金鹿っていうか、黄燎の章(漢字変換がでない)体験版の続き。 クリアは体験版を引き継いで38時間。

Kindle版がある攻略本助かる。支援会話のルート別や説得の有無差分も載ってるといいな。