【USJ】ニンテンドーワールドとマリカーの感想

USJマニンテンドーワールド

ユニバのニンテンドーワールドに行ってきた感想。日記です。

初めてエリアに入ったときの感動を味わってほしいので、事前に色々情報を入れずに行ったほうがいい。見るのは公式の情報だけで行こ!

自分で試行錯誤したり、アクティビティやスタンプを探した方が面白いって。事前の攻略記事なんかを見ないでいってほしい。

帰ったあとに「こんなのもあったんだ」って「取り逃した心残り部分」が楽しい。また行こうって思う。そういう効果を狙ってるんだと思う。

USJ公式サイトとダイレクト動画だけで十分だよ。

スーパーニンテンドーワールド

スーパーニンテンドーワールドはそんなに広くないので、入場人数を制限してる。エリア整理券はUSJ公式アプリから取れる。入場後→人数分のチケQRコード読み込み。

エリア内はSEもBGMも任天堂の音しかしない。しかもゲーム音源。

地面にはゲームの発売日が16bitドットフォントで刻印されてる。

ニンテンドーワールド/地面の数字

202103……、2021年03月はエリアのオープン日だけど、数字を差し替えたなっていう形跡があった。そう……色々あって、延びたね。

198107……、1981年07月ってなんだっけ? 2020年が35周年だから、ファミコンのマリオ初代って85年じゃなかった? って思ってたらアーケード版のドンキーコングからのカウント。

「土管=ワープ」が、来場者全員に刷り込まれてるのもすごいよね。それはリオ五輪での、東京⇔ブラジルへのワープ演出でも感じた。

最初のワープ先は64のピーチ城。ここの位置から見上げると空ステージに行けるやつ。

ニンテンドーワールドといいつつ、今のところマリオワールドだなぁ。ピクミンもいたけど。ドンキーっぽいエリアが森の奥にできるし、早く拡大してゼルダの謎解きエリアも作って。

ピーチマリオルイージ+キノピオと写真を取れるところもある。キャラクターグリーティングに、「オポチュニティ(機会)」という名称を積極的に使ってくるUSJ。耳慣れないカタカナを頻出させ、万語にしようとするところがマーケティングの力を感じた。最近の写真はデータでももらえる。今どき!

パワーアップバンド

QRコードを読み取ってアプリと連携させる。ニンテンドーエリアだけフリーWIFIが飛んでる。スマフォ連動が肝だからだけど、USJ全体でWIFIが飛んでてもいいよね。

マリオカートの特典も記録されるので、できればアトラクションに乗る前にさっさと買おう。エリア内のいたるところで売ってる。箱にはニンテンドーワールドの世界観が書いてあった。ちゃんと全部ストーリーある。

バンドつけてブロック叩くとコイン獲得。リアルタイムでアプリに連動されてく。コイン以外にもスタンプ集めるミッションがあって、やることいっぱい。

スタンプ付近は消毒液がおいてあるので、わかりやすく見つかる。攻略ヒントになってるの残念だけど面白い。おかげで見逃さない。

バンドのキャラクターごとのチーム戦になってた。その日のランキングも出てくる。名前はみんなに表示されるので無難な名称にしようね。

3800円なので購入を迷うかもしれないけど、絶対に買った方がいい。なしでも楽しめるけど、待機列にもコインブロックがあるし、あったほうがより楽しめる。amiiboにもなるよ。

amiiboになるなら、ロゼッタ様のバンドが出たらいいな~。マリオキャラではロゼッタが好き。

マリオカート

USJクッパ

迫力のクッパ様(画像サイズでかめに載せます)

待機列(Qライン)は見るものがいっぱい。立ち止まらないように促されるので、写真を撮る余裕が案外ない。これから走るコースの設計図や、おいてある本のタイトルも面白い。最初のクッパの肖像画に宮本さんのサインがあるよ。

USJマリオカート

ピーチ姫トップオタのクッパ様。ネットミームのクッパ姫がよぎる。

列が長いときだけ入れる奥の部屋(クッパ城の外という設定)には中継車。社内の中継機材がアナログ。

USJマリオカート

飛行船でスパナ投げてくるよね

コイン100点以上でクリア。敵に甲羅を当てなくとも、ハンドル操作全部きちんとやれば100点になるよって映像で説明される。説明にMiiを活用する。文字や音声で説明せず、どの言語でも年代でも平気なように作ってるところはさすが。

シングルライダー(ここでの名称はシングルドライバー)だと説明無しなので、初回は通常でやろう。

5回乗ったので「点数につながらないミッション」を埋める作業もした。失敗パターンのミッションがあるところが、任天堂ゲームっぽい。1日じゃ全部実績解除できない。

キャストに最高得点を聞いたら、今までのトップは480点らしい。本日のトップはアプリのランキングで見れて、236点だった。

空いてるときに行って周回したい。マリカーだけをやっていたい。

ヨッシーアドベンチャー

USJヨッシー

アトラクションというよりは、エリアのフォトスポット巡り。観覧車的なスピードで進む。雨でもこれは動くのかな?

アトラクション説明担当はキノピコ。「たいへ~ん!」「みんなで見つけてね~♪」的な他人事みたいな訴え、良い。

クッパ Jr.ファイナルバトル

USJクッパJr

誇らしげJr

このアトラクションはどこよりも運動量増。体力消費大。残機だいぶ減る。

キーチャレンジ

エリア内にある5つのミニゲームのうち、3つクリアして鍵を集める。ドッスンのはやらずに行ってしまった。

パックンフラワーのやつ、鳴ってない目覚ましをうっかり叩くと鳴り出す。適当に叩くだけじゃだめだな。

ボム兵のとこ、ハテナブロックでけーと思ったら、これ私達が小さくなってる設定だ! マリオが小さくなったときの視点。体験型アトラクションとして、世界設定が完璧。

ニンテンドーゲームにはおすそわけや協力プレイが重要で、ニンテンドーワールドにもその思想がバチバチにある。一人で行っても平気。知らない人同士で協力。

小学生たちと一緒にチャレンジする場合、「キッズ達にとどめを譲る大人の行動」が求められる。協力プレイで大事なところ。

私がキラーに当たることで隣の少年が当たらずに済むな!って気持ちで食らってた(うそ、反応がとろくて当たっただけ)ちゃんとしゃがまないと当たる。

敵の攻撃に当たると小さくなっていく。クリア後の最後ポール、ゲームのマリオ追体験だった。

マリオカートもそうだけど、敵の数は一定なのでチーム戦でポイントの取り合いになる。一緒になるメンバーのやる気によりけりなので、何度もチャレンジしてしまう。

2回目はハードモードになって難易度が上がる。ニンテンドーワールドには、熟練度という概念がある。

キノピオカフェ

USJキノピオカフェ

ヨーグルトドレッシングという不思議な味 ハテナブロックはアイテムがランダム。

注文を迷っていたら、ヨッシーのフルーツサラダを店員さんが「私これ大好きなんです」っておすすめされたので思わず注文。身につけてたバンドがヨッシーだったから、これを提案されたのかもしれない(これがフレンドリーサービス)

「美味しいです」より「好きです」っていうほうが興味出るのわかってる。おすすめするときに参考にしたい。

利用した時間が中途半端でメイン料理をたのめてないので、それはまた今度。

窓の外で様子が見れる。なぜかカフェが襲撃されててキノピオ達が大惨事になる。座る位置によって映像違うので、真ん中の席だと全体の出来事がわかる。

ワンナップ・ファクトリー

ショップがちゃんと生産工場っぽい。レジも土管モチーフ。マリオモーターズとはちょっと店内が違う。

パワーアップバンドにデイジーがあるのに、デイジーのグッズは……見当たらなかったけどあったかな? 女子向けガーリーアイテム(ポーチやヘアアクセ)は、全部ピーチ姫担当だった。

USJお土産

お土産はスターのアソートお菓子。連れてったブルボンのことは「可愛いお友達」って話しかけてくれる。

会計のときキャストに「食べ終わったら缶に何入れたいですか?」って聞かれて「領収書……ですかね」と言うコミュ症の会話をしてしまった。思い出とか!今日の記念のやつとか!そういう受け答えを求められてたのに!

ホスピタリティバッチリなので「領収書、大事にしまってくださいね」ってちゃんと返してくれた。今年の領収書はスターに入れます(確定申告に対して無敵になりたい)

所感

USJ元気特区

「超元気特区」というキャッチーなコピー。コロコロコミックのあおり文っぽさがある。

近頃の情勢で手荷物検査と検温等コロナ対策バッチリ。GW明けの平日を狙ったので、空いてて快適。

コナンのことは別記事

ユニバーサルスタジオのコナンアトラクションの感想です。主にミスレス。 USJ年パスを持ってるコナンジャンルの友人に連れてっても...