刀ミュ3/19昼「三百年の子守唄」再演の大倶利伽羅のファンサ

大倶利伽羅からファンサをもらえるとは思わなかった。おかげでみほとせ再演の他の感想は消し飛んでしまったんだ。

スポンサーリンク

3/19昼の2階席の大倶利伽羅ファンサ

詳しくはヒロさんのレポ漫画と記事見てほしいし、それだけでわかるんですけど、しばらくは無病息災で生きていけるのでは?というくらい全身の毛穴開きました。血の巡りは良くなったよ。

人生の乱数がちょうどよくて、ズレてたら車とか食べ物に当たってた。ファンサに当たってよかった。

周辺の伽羅ちゃんファンの方々も、一緒になって被弾してくれてありがとう。みんなしばらく健康でいようね。

からちゃん、解像度高すぎて画像処理がうまくできない。顔が良すぎる。腕が骨っぽい(語彙力)推しの顔がいい。

大倶利伽羅の網膜に、自分たちを映してしまった申し訳無さもあった。私達なんかに恐れ多い感じ。ファンサは畏れのほうが勝つ。刀剣男士に対する付喪神感、大事。自分たちがモブ感、大事。相手は武器であり神。

伽羅ちゃんとかちゃんづけ愛称で言ってすみません、大倶利伽羅さま。

息を呑む おそれや驚きなどで一瞬息を止める。「思わず―・む美しさ」

息を呑むって表現あるじゃないですか。まさにあれ。蒸発しないように呼吸を節約した。あのあと、私もヒロさんもうまく息すえてなかった。会場をあとにして食事してるときも気分の高揚がすごかった。

ファンサってすごいですね。今まで近くの方がファンサ受けてるおこぼれをもらって楽しんでたのに、直撃すると人の形が保てなくなる。

ペンラ複数持ちとかで熱心にファンアピールする方に来るんだと思ってたので、そこは関係ないんだなぁ。大倶利伽羅はファンサしないことがすでにファンサみたいなキャラ性なので……。

2階席のほうが1Fより客振りが多い印象。からちゃんの他にも、村正(しっぽのモサモサ間近で見れた)とにっかり青江(スタイル抜群)が来てくれました。みんなスタイルがいい。あとミュの刀剣男士、いい匂いする気がする(テンションの高さによる幻臭の自覚ある)

プレミアム会員で席が取れたときは、いつも通路側だったり、センターブロックの最前列だったりするので、そういう席を用意されるのかな?ファンサ受けやすいor観やすいみたいなおいしい席。月額300円のおまじないは安いものなので入会おすすめします(回し者)

みほとせ再演の感想

2階席だったので全体を見れました。ライトアップは1Fで見た場合でやってるからか、刀の反射がピカピカした。角度がちょうど反射するところだったみたい。

1Fでみたときはわからなかったけど、竹千代様に青江が勉強を教えるシーン、書を読んでるのかと思ったらそろばんでしたね。そうだよ、この時代はもうそろばんが流行った時代だもんな。

みんなアーカイブや円盤や初演で見てるからっていうのを前提に進む。初演に比べて、石切丸による史実の説明が減って、刀剣男士たちの掛け合いが増えてた。セリフが一言二言追加されてたりした。逆になくなった台詞もあった。

刀剣男士だけではなく、アンサンブルの皆さんにもアドリブやセリフの動きが追加されて個性があるように見えたかな?

↑絶対アンサンブル勢にもキャラの個性出てきてる。

一人でやる殺陣が増えてた。殺陣のシーンはサクサク進む。忙しい。

そういや、この公演、石切丸の刀が途中で折れた。スロー演出のところ。

ゆ~~~~っくりやり取りするところと、テンポよくサクサクいくところの差が演出として強くなってる。みほとせの贅沢に時間を使って話を進めるところが好きなので、ゆ~~~~~~~っくりしてるところはよりゆっくり。ゆっくりなところは控えめなBGMと、役者のちょっとした動きと視線とだけで進んでいくので、観る方も集中して見れていい。

ゆっくりなところは主に石切丸のところなので、平安刀の優雅さも相まってとても好き(機動↓)

最後の物吉くんところも、ゆ~~~~~~くりたっぷり時間をかけて感情を処理してくれるので視線が泳がなくていい。ここの他のキャラは立ってるだけの演技なのに微動だにしないところもいい。肩を震わせたり手に力を入れたりもせず、全く動かない。ここは戦乱の時代の終わりを、刀として見てる所が良き(天下をたいらげた家康を、使われなくなった刀たちが微動だにせず見てる所が良い)

財木大倶利伽羅と牧島大倶利伽羅に、特に違いや解釈の幅を感じなかった。大倶利伽羅というキャラがそこまで演者によって、差が出る含みのあるキャラではないのも大きい。含蓄で言葉数が少ないキャラなわけではなく、必要最小限のセリフで体現できるという意味で。

強いて言えば、2次創作にありがちな感じではなく、本編ゲームのキャラっぽい。極め前の大倶利伽羅。

キャラが「刀よりであるか、人よりであるか」の演技の差。これが公演によって違うっぽい?ヒロさんが再演は2回目だけど、受ける印象が違うって言っていたので、千秋楽のライビュ配信で印象がどう変わるか確認したい。

初演はみんな人間臭くなったなぁって感じだったのに、にっかり青江は初演より刀より(武器として)な印象。「時間遡行軍だ」って戦うときの声が嬉しそうだった

2部はドームシティホールの音響が素晴らしいんだなってくらい、はっきりハモリが聞こえて感動した。2階席には2階席の楽しみ方がある。歌は2階席で聞けてよかったって思った。村正と蜻蛉切の歌の上手さを体で感じれた。

初演で2和音だったところが3和音のハモリになってませんでした?ハモリがきれいに聞こえてよかった(なにせ初演は音響に難有りのアイアでしたからね・・・・)

三百年の子守唄2019 公演パンフレット

三百年の子守唄2019 公演パンフレット
行けなかった人向けにパンフを事後通販してくれるのやさしい。送料無料だよ。いくつか関連書籍出るけど、やっぱりパンフのやつが一番作画がいいよね(2.5次元は写真写りではなく作画っていうスタンス)


ヒロさんが前の方の通路列を当てたので、今度も刀ミュについていきました。私はいつも、恩恵にあやかってついていくだけ! ストーリー...

初演の感想は↑こっち御覧ください。

刀剣乱舞2.5次元感想【一覧

刀ミュ・「三百年の子守唄・再演」の感想←
刀ミュ・「結びの響き、始まりの音」の感想
刀ミュ・「つはものどもがゆめのあと」の感想
刀ミュ・「三百年の子守唄」の感想
刀ステ・悲伝「結いの目の不如帰」
刀ステ・義伝「暁の独眼竜」の感想
刀ステ・虚伝「燃ゆる本能寺」の感想

【アーカイブ配信】ミュージカル『刀剣乱舞』 〜三百年の子守唄〜 国内千秋楽

初演のアーカイブ。キャスト変更しただけで、アーカイブ配信やいろんなもので初演の功績がなくなるわけじゃなくて本当に良かったです。正直、配信はなかったことにされてしまうのでは?って不安だったので。役者は舞台の上”だけ”の成果で評価したいです。

大倶利伽羅と馴れ合う薬師寺の特別展2019。二日間通って薬師寺を堪能した。今年の御朱印は「くりから」がひらがならしい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ