【うたプリ4期】マジLOVEレジェンドスター8話「Lasting Oneness」の感想

本命の聖川真斗回ですよ。ショタ満載。聖川家のメイドになりたい。

スポンサーリンク

8話「Lasting Oneness」

もう歌詞はできている2人。夏休みの宿題は7月中に終わせておくタイプの真斗と綺羅。

皇さん、聖川さんって、お互いさん付けなのと敬語で話すのいい。皇綺羅、思った以上にたんたんと喋る。3期のときはもっと喋ってって思ってたし、全然キャラがわからなかったから。

「何か足りない」「修練を詰む」とか言い出したときに、それを見つけに滝修行に2人で行くのか?!行っちゃうのか滝!!って期待したらそんなことではなかった。迷ったら滝に行くキャラだけど、滝は封印。

土佐の皇家。神宮寺家のようにビジネス敵確執があるわけではなく、つながり的な縁ある中。どちらも長男。綺羅に、慌てたときや焦ったときに土佐弁をうっかり喋って欲しい。うっかり出る方言好きなんだよね。お坊ちゃま設定だと出なそうだけど。

お家問題はアニメだとやっていなかったね。ゲームだとAA・Debut辺りでしつこいくらいに話でてたんで、この話題は今更感あります。pixivとか同人誌で散々ココらへんのネタ見たので、この話題は懐かしい。公式なのか、2次創作で見たのかごっちゃになってるぐらいのネタ。

「京都(実家)」という電話登録は、聖川財閥東京支部みたいなのもあるってことかな?お父上の秘書の名前は「マツヤマ」

また暇な仕事してないST☆RISH。練習しててよかった。まただべってるだけかと思った「はじめてですね、誰かが実家に帰るのを見送るのは(うたプリ的倒置法)」セシルが徒歩で実家に帰ってませんでした?

当たり前のようにヘリで帰る。移動手段、ヘリ、終電も渋滞もない。

そういえば、1期の頃に「早乙女学園の1年間だけアイドル目指す」って設定あったような・・・。忘れてた。

4期まで来てST☆RISH辞める辞めないの話で攻めてくる。ここに来てそういう話やる。乙女ゲー恋愛話でいかないから、そういう話にしていくしか無いのわかる。HE★VENSはまだきっと設定が定まってなくて、アニメで掘り下げられないんだろうし。

幼少まぁ様が美少女で、大満足です。不安げな表情も、じいといるときの笑顔も!ご飯食べれなかった設定もサラッと言ったけど、結構重要設定だったね。

聖川家の家紋は中陰八重桔梗紋に似てる(桔梗五弁花に亀甲紋かもしれん)そういや、グッズのお椀とかにも使われてた。家紋は花弁数・脈の筋数・枠の年代がわかったりするので、聖川ファンが考察してそう。

蘭丸先輩も久しぶり! 元御曹司の過去も、アニメだと初出情報。サラッと設定だけ話してく。ゲームの設定を紹介しつつ、蘭丸先輩の先輩としてのキャラをたててく。前回の藍ちゃんの見せ方も良かったし、今回もいいよ~、こういう短い尺で、先輩としてのキャラ立てがあるくらいのいいよ~~~~。蘭丸-聖川で直接キャラと話すシーンがないけど、「この人は後輩のこと理解してます+信頼してます」ってのがわかる描写はいいよ~~。

先輩はは同室のどちらか一方で出てくる頻度なのかな?それぐらいでいいと思います。嶺二はきっと音也のときに出てきてくれるんだろうし。

綺羅もきっと長男跡取りお家騒動を経てアイドルになった過程がありそうなんで、早くゲームでHE★VENSを攻略したいです。

レンに接触する綺羅。聖川のことはコイツに聞けばいいってリファレンスがわかってる。HE★VENSは空気読める子とそうじゃないこの差がでかい。多分ここの流れで、2人で宴に名代のふりして向かおうって作戦立てた。

着物でピアノ。やっぱり得意楽器は、ST☆RISHもHE★VENSも共通のもので行く。心こめて歌ってお父さんを説得はAAのパターン。これ見たことある、懐かしい。

不安げなショタ真斗から、自信有りげな今の姿の真斗に変わる場面好き。

妹の真衣ちゃんをちらっと出して、跡継ぎ問題をクリアにするのかと思ったけどそこには触れなかった。妹の存在をアニメではまだ伏せておく。

今回いつも以上に空気な春ちゃん。歌パートのPVにすら出てこなかった春歌。

いつにもまして作画は目のアップを多めにして、口パクすら無くす全く動かない省エネ作画が気になりましたが、ショタ真斗が美少女だったのでいいです。今期は本当に動かないし、カットの構図も喋ってるキャラのアップばっかりで単調なのは少々残念。

デュエットアイドルソング聖川真斗&皇綺羅

ブロッコリー公式の視聴

真斗(鈴村さん)の声は、基本誰と合わさっても合うので安心して聞ける。

真斗のソロ曲が初期に戻った感じ。人数多くなって個性出すために和キャラに寄ってたけど、歌詞も曲調も和風的なところがなくなった? もっとナイトっぽさ出して、そっちのほうが実は好き(そういうキャラにはカミュ先輩がいるからダメなのわかるけど)

Dazzling darlingは接頭も設備も韻を踏んでくるタイトル好き。うたプリで歌詞に英文で韻を踏んでくるのあまりなかったような……(気にしてなかっただけかも)英単語の意味のほうが重要で、韻にはそんなに気を使ってないなって印象でした。

Lasting Oneness…。MAJIVELEGeLO…頭文字に何か法則があるわけではない??


クリスマスのリア充の巣窟、シーパラダイス。プリンスたちとのエアデートコースを指定してくる公式の福利厚生充実。コラボがナンジャあたりの池袋じゃなくなった。

スノードーム風キーホルダー「聖川真斗」

あまりグッズ見てなかったんですが、スノードーム風キーホルダーは久々にセンス良いのが来たなって思いました。王冠イヤフォンジャックのようにすぐ壊れないといいな。

闇落ち音也を見返す気力がさっぱりないので短めです。うたプリはギャグアニメの体裁をちゃんと装ってほしい。
http://archive.juliet-project.com/?p=2786

うたプリ4期感想一覧

うたプリ4期 1話感想「夢を歌えと」
うたプリ4期 2話感想「KIZUNA」
うたプリ4期 3話感想「Mighty Aura」
うたプリ4期 4話感想「JUSTICE IMPULSE」
うたプリ4期 5話感想「Visible Elf」
うたプリ4期 6話感想「Lovely Eyes」
うたプリ4期 7話感想「Grown empathy」
・うたプリ4期 8話感想「Lasting Oneness」←

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ