ラブライブ!サンシャイン!! 13話最終回 「サンシャイン!!」の感想

…正直、12話が最終回でよかったね。

スポンサーリンク

13話 「サンシャイン!!」

梨子は「歌えるのは事前にエントリーしたメンバーだけ」っていう、なんでその場で言わなかったんだろう。「じゃぁしょうがないね」ってモブ子たちも全然納得できる理由なのに。

最初から作り上げてきた9人で歌いたいから…って言うちょっと嫉妬的な感じの引きかと思ったら、そんなことなかった。ん?

そして、だめだって言ってるのにステージに駆け寄るモブ子たち。これ、どういうこと・・・なの?????? 地区予選やっぱり失格でした~から始まる2期なの?

点呼とるとき「せーの」って言わなくてもあうようになった演出は良かった。よかったよ、9人が一つになった感じで。

自分たちでメイクする控え室の様子も、いいなぁとおもった。そこでの1年生のやり取りとか。

良かったのはそこまで。以降は蛇足かな。

「これまでのラブライブ!サンシャイン!!」なミュージカル要素も、1stライブで実際に中の人達が同じように再現するんだろうなっていうのが予想できて…。

アニメでこんな尺取ってやらんでも1stライブで再現するだけじゃ駄目だったんだろうか。アニメ2期の1話でこれをやるのでは駄目だったのかとか…。

あと、この曲のここでペンライト青くしてね!っていお膳立てされてたね。スノハレのファンが呼びかけてライトをオレンジにするのすごく好きなので、Aqoursでもできますね。スノハレもファンたちがやり始めて定着してく感じが良いのに、「はいここ!ここでやってもりあげてね!」って公式から先にお膳立てされてしまうのはちょっとだけ残念。

全話見終わって所感

至って平凡でふつーofふつー星人の千歌が、ふつーのみんな巻き込んで流れを作って、「0を1に」という取ってつけた目標をいきなり後半に見出して頑張ってたなぁという…。少し唐突。

μ’sを目標にして最後ポスターを剥がすところ良かったです。剥がさなかったらなんの意味もなさないアニメだった。

かなまり回や曜ちゃん回みたいな質の高い回もあり、なんとなくビジネス的な流れで曲を披露するためだけの回もあり、アイドルアニメというよりは部活メインの青春アニメとしてみたら楽しい。アイドル的な部分はちょっと中途半端。でもしょうがない、いろんな企業が入ってていろんなお金が動いてる、商業的な色気が要所要所に仕込まれててそれがちょっとストーリー展開を邪魔した印象。

最終回まで見終わってキャラはダイヤ様推し。かなまりを見守るダイヤ様が好きです。スクフェスや事前情報で全く3年生に興味なかったのに、アニメでキました。カプは最初から変わらずちかりこが標準装備です。そんな感じ。

毎回誰かしらが百合営業して、いいところもたくさんあったなぁ…(ぼんやり)9人で奇数だから、百合営業頑張れなかったキャラがあぶれちゃうから必死だよね。

ライブで2期発表→千歌が生徒会長になった2期→終了時に劇場版っていうμ’sと全く同じ手法で来ると思うので、どうころんでもコンテンツの展望と続きが確約されてるっていう安心感で臨もうと思います。

もう2期はμ’sμ’s連呼しないで、Aqoursのお話だけをやって欲しいな…。いつまでAqoursにμ’sの太鼓持ちさせるんだろうって不安が拭えない。

「助けて!ラブライブ!」の助けてが何に掛かるのか未だにさっぱり。このキャッチフレーズ、2期までひっぱるの?どうなの? そもそも誰が助かりたいの?

千歌ママの「今度はやめない?」というセリフも2期かな。伏線は伏線だとわからせないようにそっと仕込ませるっていうところガンバください。

やっと好みのお衣装が来た!

夏コミのとき秋葉原通ったの駅広告。すごいテレビ放送のたった1話のために広告打てる資金力すごい。しかもその日に合わせてちょうど秋葉原回...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ