テイルズオブヴェスペリアクリアしました【箱版】

べっぺりあ

途中までだった、べっぺりあをクリアしました!

誰もくっつかないところのよかったです。今までのテイルズって必ず主人公も他のキャラもちゃんと男女対になるように決戦前夜あるのがお決まりだったんですが、今回はそうじゃなくてこういうのもアリかな。むしろ今回はこれでいい。

旅をしてきた過程で愛とか恋とかが「結果」にならなくてもいいよナァって思ってるので。ユーリとエステルの会話の何あの間!ユーリちょっと!とか。エンディングの絵がすべてかわいい。エンディング後妄想ができるゲーム良いな。

フレンはウワサどおりで、画面に出てくるたびに「あ、よかった、居る」って心配してました。だって・・・・あのあつかい…。どっちかって言うと主人公総攻め傾向なのでユリフレがいいと思ってるんだけどフレン受けはマイナーなのかな? ユリ←エスが好みであってユリ×エスになっちゃうと興味3割減。エステルに対してわきわきして抱きしめられないユーリちゃんかわいい。

べっぺりあ

このイベントでのフレンの弱さにビックリした。そしてゲームオーバーになるとちゃんとフレン声で「その後この者たちを~」があんのね・・・・。

GRADE重視(そのためのアンノウン)なので必死にフレンを生き返らせようとするラピードの優しさをキャンセルしまくってました。途中から「アイテム使うな」に変更。べっぺりあは戦闘システムが面白いのでアンノウンでも苦じゃない

販売方法がやや難ありで倦厭してしまってたんですが、プレイしてよかったよー。

MacとWinは最大化-最小化ボタンのとこも逆なんだよ。タイトルバーダブルクリックで最大化と最小化の違いとか。そんなゲイツさんの脳トレはXboxにも採用されててイライラしました。すっごく。とっても。非常に。
十字ボタンは任天堂が特許を持っているそうですが(だからPSPもプレステも微妙に十字型じゃなくて「方向キー」って名称になってる)、ボタン配置に関してはどうなんでしょうね?ハードメーカでガイドライン決めて揃えてくれてもいいと思います。我らゲーマーのために。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ